doctor

腎臓に優しい料理

野菜を多く食べると良い

doctor

腎臓の機能が低下して腎臓病になると、食べられる栄養に制限があるため、腎臓に優しい食事をする事が大切です。腎臓病に良い食事とは、たんぱく質の少ない料理の事で、たんぱく質の量を少なくする事で腎臓を休ませる事が可能です。たんぱく質は肉や魚に多く含まれており、野菜や主食は含まれている量が少ないです。そのため腎臓病の食事としては、野菜を中心とした食事にすると、腎臓に負担をかける事なく栄養を摂る事ができ効果的です。たんぱく質は体の細胞を作るための重要な成分でもあるため、全く摂らないようにする事は避ける事が重要です。決められた量の肉や魚を食べる事によって、細胞を作る事ができますし、腎臓にも負担をかける事がないです。

加工食品は控える事が大切

腎臓病になって食事の量を急激に減らすと、体の新陳代謝が悪くなって、栄養が体に回らなくなる事が多いです。栄養が体に回らなくなると、腎臓が体内に蓄えられている、たんぱく質を分解してエネルギーを作り出します。そうなると、たんぱく質を大量に摂取している事と同じ事になってしまうため、注意が必要です。体に栄養を送るためには、たんぱく質以外の栄養をしっかり摂ってエネルギーを作りだす事が肝心です。腎臓病の症状が進行してくると、たんぱく質以外にも塩分を少なくする事が必要になります。塩分を少なくする事で腎臓に良いだけでなく、高血圧を防ぐ事もでき健康的です。塩分は加工食品に多く含まれているため、加工食品を避ける事が肝要です。