doctor

簡単に血圧を下げる方法

放っておくと大変な病気に

woman

加齢による血管の老化や遺伝的な原因で高血圧になり通院が必要になってくる人が年々増加している。そのような原因以外にも特に気を付けなければいけないのが生活習慣からくる高血圧だ。仕事のストレスや運動不足をはじめ、濃い味付けの食事を通しての塩分の摂りすぎも高血圧になる原因として挙げられる。高血圧は放っておくと動脈硬化を引き起こし、最悪脳卒中や心臓病や腎障害になってしまうケースも少なくない。そのような死に至る病気にならないように、定期的に病院を受診し医師が処方した降圧剤を服用することで高血圧の対策をすることが重要不可欠である。しかし、降圧剤だけを飲んでいれば安心というわけにはいかないのが高血圧なのだ。高血圧の対策として日頃の食事を見直して行う食事療法が今注目されている。

簡単な工夫で塩分カット

高血圧の食事療法として一番のキーワードは塩分である。日本人は欧米に比べて一日当たりの塩分摂取量が断然多いというデータがある。それには日本古来の食事が原因だ。日本食で欠かせない調味料の醤油や味噌をはじめとする大豆発酵食品には大量の塩分が含まれているし、漬物にも大量の塩は必須である。一日当たり平均で11グラムほど摂取している塩分量を、現在は6グラム未満にすることが推奨されている。約半分の塩分量にするにはかなりの努力が必要と思われるが、工夫次第で6グラム未満にする食事療法は実は簡単なのだ。例えば、刺身や寿司を食べる時に醤油の付け過ぎに注意したり、ラーメンのスープは全部飲み干さないようにするのだ。他にも、揚げ物を食べる時にソースや塩をかける代わりにレモンを絞るだけにしてみたりと、ちょっとしたことを意識するだけでそれが食事療法につながっていくのだ。